見出し画像

【2023年12月】Reader Store月間ランキング! アニメも話題の人気作が2巻同時にベスト5入り

12月の「Reader Store月間ランキング」を発表!
コミック、ライトノベル、その他のジャンルごとに、2023年12月1日~31日の期間で販売冊数が多かったベスト5をお届けします。

◆コミック

1位『ONE PIECE モノクロ版 107

2位『ダンジョン飯 14巻

3位『葬送のフリーレン(12)

4位『ダンジョン飯 13巻

5位『【特装版】葬送のフリーレン 特別短編小説付き(12)

◆ライトノベル

1位『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身XII」

2位『続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー(7)

3位『月が導く異世界道中 19

4位『魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 9

5位『ティアムーン帝国物語 15~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~【電子書籍限定書き下ろしSS付き】

◆その他

1位『<動画特典付き>「American Girl(east)」MIRIKA MATSUO DX

2位『off stage <オフ・ステージ> Vol.74【動画メッセージ付き】

3位『off stage <オフ・ステージ> Vol.75【動画メッセージ付き】

4位『ある男

5位『変な家2 ~11の間取り図~


◆12月のReader StoreランキングTOPICS

2023年最後となる12月は、『ONE PIECE』の最新刊が総合1位に輝きました! 本作は同月、「THE ONE PIECE」としてNetflix等にて原作第1話から再アニメ化も発表され、大きな話題となっています。アニメ配信の際は、原作コミックも過去のシリーズが再び注目を集めるかもしれません。

同じコミックジャンルでは、『ダンジョン飯』最新刊が2巻同時に発売され、どちらもベスト5入り。Reader Storeでも人気の高い本作は第14巻で遂に完結となりましたが、2024年1月からは連続2クールでTVアニメが放送スタートしており、原作終了後も話題となっています。

そして、『葬送のフリーレン』も同日に発売された第12巻と、その特装版が見事に同時ランクイン。こちらも人気の作品ではありますが、TVアニメ放送からの勢いはすさまじく、1月からは第2クールが放送中。この勢いはまだまだ続きそうです。

ライトノベルは、Reader Storeではお馴染みの『本好きの下剋上』が第1位に。今では新刊が発売するたびにランキング入りするシリーズですが、特に今回は「第五部」の完結と、それにともなう大規模なキャンペーンを実施したということもあり、発売から大きな注目を集めていました。

その他のジャンルでは、フジテレビ系番組「オールナイトフジコ」の人気ガール・松尾実李果の写真集が首位獲得! 雑誌では2.5次元舞台、俳優にスポットを当てた『off stage <オフ・ステージ>』74号と最新75号がランクイン。最新号では『HIGH CARD the STAGE - CRACK A HAND』出演の赤澤遼太郎&丘山晴己によるインタビューなどが掲載されています。

また、今話題の小説『変な家』もランキングに登場。覆面作家・雨穴先生による不動産ミステリーの本作は、YouTube動画が1500万回再生を突破しており、コミカライズ版も人気を集めています。3月には映画化も予定されており、本作もこれからさらに注目されそうです。


▼Reader Storeのデイリーランキングはこちら!

▼Readerアプリのダウンロードはこちら!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!